231 Front Street, Lahaina, HI 96761 info@givingpress.com 808.123.4567

FXのシステム的な障害のリスクとは

FX取引を行う時に注目しておきたいのが、FX取引のシステム的な障害の発生です。実はこれが大きなリスクを生む可能性もあるのです。あまり考えないかもしれませんが、この機会に注目してください。

こちらではFX取引における、システム系の障害リスクに迫ります。

■インターネットトラブルが起きると取引ができなくなることも

・パソコン取引のリスク

FX取引は基本的に、インターネットを通じて行います。売りも買いも、ネット一つでできるのです。大きなプラスのようにも感じるかもしれませんが、要はパソコンが使えなくなってしまえば取引が滞ってしまいます。

あなたのパソコンが急に壊れてしまったらどうでしょうか。売りたい時に売れません。買いたい時に買えません。パソコンを買い換えた時にはすでに大損している、といったことも考えられるわけです。

ネット回線も不安定であると、売りどき買いどきを逃してしまいます。ネット回線もいつも安定しているわけではありません。ルーターなどの調子が悪ければ、FX取引は控えたほう良いでしょう。

■システム障害リスクを低くする方法とは?

・ストップロス注文を実施すべき

ストップロス注文をしておくことで、一定の損失が出た場合は、それ以上、損失が出ないように出来ます。ちょっとした機能の利用なので、特に難しいことではありませんよ。