231 Front Street, Lahaina, HI 96761 info@givingpress.com 808.123.4567

FXの流動性のリスクとは

FX取引はいつでも儲けられるわけではありません。儲けられる人もいれば、損をしている方も居ます。取引なので損が出てしまうことも仕方ありません。誰も先を完全には予測できないのです。

こちらではFX取引における流動性のリスク、といったものをお話します。実は非常に難しいリスクになります。しかし、理解しておかなければなりません。

■FX取引の流動性のリスクってなんだ!?

・トレードがスムーズに出来ない状態のこと

当たり前ですが、取引をする場合には、売ってくれる人とかってくれる人が居なければなりません。いくら特定の通貨を売りたいと思ったとしても、買ってくれる人が居なければなかなか売れないのです。走行していくうちに利益がなくなってしまったり、損が膨らんでしまったりすることがあります。それを流動性のリスク、とよんでいるわけです。

・スプリッドが不利になることも

スプリッドとは取引における手数料のようなものです。FX取引をしていると、スプレッドを知らず知らずのうちに支払っていることになりますが、思ったようなレートで取引ができないとスプレッドを広げられてしまうこともあります。手数料を多く支払うような状態になってしまうのです。

・流動性のリスクを避ける方法

メジャーな通貨の取引を実施することが大事です。米ドルやユーロ、日本円や英ポンドといったものがメジャーとされています、取引している方が多いので、取引が不成立になることは少ないのです。