231 Front Street, Lahaina, HI 96761 info@givingpress.com 808.123.4567

そもそもFXと外貨預金の違いとは

FXを行う時にはそのリスクを把握して置かなければなりません。リスクを加味しないで取引をしていると、大損をしてしまうかもしれません。取引なので気を抜くことは許されないのです。

こちらではFX取引のリスクを理解するためにも、FX取引と外貨預金の違い、といったものを明らかにしていきます。外貨預金との違いを理解するようになれば、自然とFX取引に対する正しい認識も得られるようになるわけです。

■取引レートの違いについて

・FX取引・・・24時間常に変動している
・外貨預金・・・1日1日変動している

FX取引は、日本だけで行われているのではありません。世界中のマーケットで取引がされているのです。たとえば、寝ている間に状況が変化している可能性もあります。24時間いつも取引ができるわけではありませんよね。もしものことが起こりやすいのがFX取引なのです。

外貨預金に関しては、1日あたり1日位のレート発表があります。24時間常に変化しているわけではありません。銀行発表となるので、24時間ずっと気を張っている、といったことはしなくで構いません。

■取引時間の違いについて

・FX取引・・・24時間
・外貨預金・・・銀行の営業時間内

FX取引に関しては、ずっと取引がされています。海外マーケットでの取引も可能なのです。外貨預金は銀行の営業時間内のみなので、いつでも取引できるわけではありません。